高校受験勉強で最も大事な夏休み期間

高校受験勉強で最も大事な時期が夏休みだと言われています。
「夏休みを制する者は、受験を制す」と、学校や塾の先生によく言われていました。

では、夏休みの効果的な勉強方法をご紹介します。

夏休みに必ず行って欲しいのは、中学で学んだことの総復習です。
夏休みはいつもよりも多くの時間を勉強時間にあてることができます。
時間が取れる時に、復習をしっかりとしておくと、基礎が出来上がりますので、今後応用問題を勉強するときに便利なのです。

もう1つ夏休みにすべきことは、不得意科目、不得意単元の克服です。
不得意なものを1つでも多く失くしておくことが、受験時の自信にもつながります。

不得意科目の克服方法は、しっかりと分からない部分を見極め、分かったふりをしないということです。

不得意な部分では、突然問題を解くことができないと思うので、最初は解答を見て、答え方を確認してみると良いでしょう。
答え方を理解した上で、何度でも繰り返し学習を行うようにしてください。

夏休みの頑張りがきっとあなたの受験生活を明るい方向に導いてくれるはずです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth