高校受験に必要な調査書の内容について

高校受験の際に必要に調査書とは、先生が生徒の学習活動や学生生活について記入したものです。
主に書かれている内容は受験生の教科の評価・評定・特別活動の記録・出欠の記録・総合所見などが書かれています。

調査書は、指導要録の記載事項に基づいて記入します。
指導要録の「指導に関する記録」は、その保存年限が5年であるため、卒業後5年を経過すると、中学校から調査書の発行が受けられなくなります。

高校受験では、調査書の記載内容を点数化して処理し、評価の対象とすることがあるようで、私立高校では試験のみの1発勝負が多いようです。

その後、調査書は高校入学後の教育活動に使われるといわれています。

調査書の様式や記載内容などの規格は、おおむね各都道府県ごとに私立高等学校・公立高等学校別に定まっていることが多いので、前もって確認しておくと良いかもしれません。

どのくらい受験の合否に反映されるかは、明確には分かりませんが、成績が同じであれば、調査書の内容が良い方が合格しますので、調査書も良い評価となるよう日々の学生生活も大事なのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth