高校受験では勉強時間よりも質が大事

受験生になると、親や先生から勉強しなさいと言われる人が多いのではないでしょうか。
そうなると、周りのみんなが一体どのくらい勉強しているのかということも気になってくるでしょう。

私は良く学校の先生から、平日3時間、休日6時間の勉強時間を確保するように言われていました。
自分では勉強時間を確保することが苦手だったので、塾に通いながら、強制的に勉強していたような気がします。

多くの子どもたちが高校受験前に、初めて受験生という立場になります。

私も高校受験を控える中学3年生までは、大して勉強せず、部活に明け暮れていました。

今までほとんど勉強しなかった人は、勉強時間のことが心配になるでしょう。
しかし、大切なことは集中している時間がどのくらいあるかということを忘れてはいけません。

勉強時間に囚われて、だらだら参考書を開いて、時間を過ごすだけなら、無意味になります。

1日何時間と決めるよりも、参考書をここまで進めるなどの目標を決めることをお勧めします。
勉強は時間よりも質なのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth