高校入学のための受験勉強はいつから始める?

「いつから高校受験の勉強を始めたらいいですか?」という質問が多いですが、受験勉強は早く始めるに越したことはありません。
高校受験は中学生活のまとめテストともいえるものなので、日々の理解学習、繰り返し学習が大事でしょう。

日々の勉強にプラスして、受験対策のための勉強計画について説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

受験では、自分の不得意なところを失くすことが重要です。
夏休みまでに不得意な部分を細かなところまで見つけ出してください。
それに合わせて、基礎をきっちりと頭に叩き込むようにしましょう。

夏休みは時間が通常より多く取れるので、不得意なところに取り組みます。
勉強しながら、分からないところに当たったら、わかるところまで戻って、再度学習します。
その繰り返しが、しっかりと力になっていくのです。

2年生までの総復習も行うようにしてください。
夏の学習が高校受験の合否を決めるともいわれているので、悔いのないように努力することが大切です。

夏休みが終わったら、その後は問題集の演習に取り組むようにします。
不得意な科目や分野は基礎に戻って応用を解くという繰り返し作業で、徹底的につぶすようにしましょう。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth