難関大学受験を制する参考書選び

大学受験で参考書や問題集を多く使用する事はとても有効だと言えます。
特に難関大学受験に挑む場合にはどんな参考書や問題集を選んでいけばよいのでしょう。

よく聞く参考書は「大学受験の教科書シリーズ」。わかりやすいものを選ぶのがポイントだと思われます。自分で読んで理解できないものはまだ早いと思った方がよいです。実際にどれという参考書は時代によってどんどん変わっていくので難しいのですが、選ぶポイントとしては自分の苦手なものの理解をより深めるという意味で、まずは自分の弱点をよく知ってから購入するとよいでしょう。

古い参考書は流行遅れになってしまいます。
なるべく今の受験にあったものを探すのがよいでしょう。
さらに参考書などを学校や予備校の先生に見てもらうのも手です。
また基本、今持っている参考書を完璧にしておくことから始めておく必要があります。

たくさんの参考書を使用したから成績が上がるというものではありません。
まずあるものからやっつけていく必要があります。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth