学問の神様である菅原道真と天満宮の由来について

受験シーズンになると、
学問の神様である菅原道真公が祀られている天満宮に、
多くの受験生が参拝します。

菅原道真がなぜ学問の神様と言われているのか、
その由来に迫ってみましょう。

菅原道真は宇多天皇に重用され昇進し、
醍醐朝では右大臣にまでなりました。
その後、左大臣藤原時平から左遷の命令が出され、
太宰府へ行き、現地で亡くなります。

死後、雷などの天変地異が多発し、
朝廷への祟りをなしたとされ、
道真は雷の神である天神と言われるようになりました。

道真は死後に「天満大自在天神」という信号を送られます。
したがって道真が祀られているところは
天満宮と呼ばれています。

道真は大変頭の良い学者であったため、
天神は学問の神様とされました。

それ以降、多くの受験生が道真の祀られている神社へ
詣でるようになったそうです。

京都の北野天満宮や福岡の太宰府天満宮などが有名ですが、
多くの梅の木を植えているのは、
道真が梅を愛していたことに由来します。

また、道真と牛にまつわる様々なことに基づいて、
天満宮では牛を神使としているのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth