奨学金を受けるために必要な理由書の書き方

大学入学した時に経済的な負担を軽くするために
奨学金制度というものを利用する事ができます。
返還しなくていい第一種奨学金と一時借りて、働き始めてから払っていくという第二種奨学金があります。

第二種奨学金は結構誰でも申請すると通る可能性がありますが、
贈与タイプの奨学金ではさらに申請が通る率が低いものです。
奨学金の申請には書類が必要です。
大学などにもよりますが、受験時の成績表や理由書が必要です。
中には調査書や面接などが必要な所もあります。
理由書は現在の自分の状況を書く場合が多いようです。

奨学金の申請を通りやすくするには金銭的理由を書くだけでなく、
過去に自分の成績や受賞した賞などを細かく書くといいでしょう。
将来どんな職業につきたいか、どんな夢があるから今この大学に進んだのかなどを理由書に細かく記載するとその情熱で奨学金の申請が通る傾向にあるようです。
特に教員免許を取得し、教員になれば返還しなくてもよいというような奨学金もあります。
奨学金は若者を応援するものなのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth