大学受験の小論文対策をしよう

大学受験の科目に小論文を取り入れている大学も増えてきました。
暗記モノで対策ができる教科だけでなく、
その場で自分の考えている事をまとめる事ができる、資料がないので普段の自分の知識が出るなど「力」を見ることができるからです。

しかし小論文の対策をしている人は意外に少ないものです。
小論文対策としては新聞や本を読むという事は必須事項です。
小論文のテーマの多くは時事問題なので、社会問題などを読んでおく必要があります。
また小論文は普段の国語で習う起承転結はあまり役に立ちません。あくまでも「伝える力」「まとめる力」が必要です。

なので実際に自分で過去問などをといて、客観的にもう一度見る、または小論文の添削をしてくれる通信講座を受けるなどの対策が必要です。また、予備校にもそういった添削してくれる先生がいるのでしっかりとみてもらいましょう。学校の先生でも見てもらうのは可能ですが、小論文対策をしっかりしている先生に何度も添削してもらう方が力がつくと言えます。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth