合格祈願の絵馬の書き方

受験前に神社へ参拝し、
合格祈願のために絵馬を記入する人は多いでしょう。

絵馬の歴史は古く、平安時代にも遡ると言われています。

絵馬は神社や寺院に祈願するときに
または、祈願した願いが叶ってその謝礼を行う時に
奉納する絵が描かれた木の板のことです。

実際に絵馬に記入するとなると、
書き方がわからないという人もいるのではないでしょうか。

絵馬に決まった正式な書き方というものはありませんが、
より具体的に願い事を書く方が良いと言われています。

絵の描いてある方が表で、
願い事は裏に記入します。

縦書きの場合は、中心より上の位置から、
祈願したい内容を書きます。

その後に、絵馬を記入した日付、
住所と氏名を書いてください。

受験者名である自分の名前を忘れる人もいるらしいので、
気をつけましょう。

何の試験なのかも明確にしておくことをお勧めします。
高校受験合格、大学受験合格、国家試験合格、就職試験合格、
各種資格試験合格などと必ず記入するようにしてください。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth