偏差値が低い高校を目標にせず、高い高校を目標にしましょう

偏差値が高い高校は今でもランキングなどで発表されています。
その反対の偏差値が低い高校についても気になる人がいるようです。

偏差値の高い高校と言うのは、中学受験など中学入学から受験をするような学校も多く、ずば抜けているので、順位付けがされます。
しかし、偏差値の低い高校は全国にも数が多いため、はっきりとは分かりにくいと言われいます。

偏差値は高校受験の生徒たちを点数や順位よりも正確に判断するために桑田昭三先生が独自の研究を行い、「偏差値」を編み出したことに始まりました。

80年代になって偏差値がその生徒の存在価値かのような位置づけとして悪用をされたことが原因で、現在の教育現場では使われていません。

しかし、偏差値という言葉を使って教育を受けていた世代が、現代では親になっています。
偏差値で子どもを判断する人はまだたくさんいるのです。

偏差値は子どもの存在価値を示すものではありません。
偏差値の高い高校を目標にするなど、あくまでも目標として使うことが一番望ましいのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth