予備校にかかる費用の主な内訳

自分に合った予備校を選択するとともに、
忘れてはならないのが、費用のことです。

予備校は専門学校と同じように「学校」と認識されているので、
教育ローンも利用できます。
最近は教育ローンで予備校へ行く生徒も増えてきています。

また、家の近くに良い予備校がないということで、
寮に入って予備校に通う生徒もいます。
予備校側もそのような生徒を受け入れるために、
しっかりとした寮制度を準備しています。
寮を利用しようとしている人は、生活費も考慮しておきましょう。

人によって多少費用が変わってきますが、
自分はどのように費用がかかっていくのかをしっかりと確認した上で、
入学を決めることをお勧めします。

予備校にかかる費用について大まかにご説明します。
予備校で主にかかる費用は入学金、年間授業料、テキスト代などです。
年間授業料は4月入学の1年間で、
入学金+年間授業料は約60~70万程度だと言われています。

テキスト代は別途用意が必要なので、
予備校にかかる費用は約100万円と見ておけば良さそうです。

予備校はいくつかの授業を組み合わせたコース制になっています。
単発での授業も受けることができるので、
その分の費用は個々の予備校に確認してみてください。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth