予備校と塾の違いって何だろう?

よく疑問を抱きますが、予備校と塾の違いはどこなのでしょう?
同じように学校以外の勉強する所。でも塾は塾、予備校は予備校です。
塾とは学校の授業に補足したり、進学の為の授業理解をお手伝いするものです。対象が小・中・高校生を対象にしたものを指します。

また予備校とは大学受験する人を対象にしている人で浪人生などが通うところです。
受験対策を重視しているので、普段の授業はあまり関係ありません。
大学受験する人は予備校に通うのではないでしょうか?
塾より予備校のほうが金額が高いのも特徴です。入学金がいりますし。

細かく言うと予備校は学校法人を持ったもので、都道府県の学務課に申請するものです。
税金面は優遇されますが、廃校になったりすると資産などは国庫に入ります。
塾は自由に開始することができますし、行政の許可がいりません。
個人で塾を始める人もいますから。
普通の企業と同じで税金を払います。塾は廃業しても特に問題はありません。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth