中学生のための予習と復習に重点を置く勉強のやり方

たくさんの中学生がやる気を出して勉強することなく、親から「勉強しなさい」と言われているようです。
では、なぜ自分から進んで勉強ができないのでしょうか。

勉強は嫌なこと、楽しくないことと思っている子どもはたくさんいます。
勉強のやり方が分かっていないので、楽しさも分かりません。

子どもに進んで勉強させるためには、学ぶことの楽しさを教える必要があるのです。

多くの親は勉強しないから塾に入れるという方法を取ります。
それでは一向に学ぶことの楽しさを理解することができません。

まずは、1日の授業の予習と復習の仕方を教えると良いでしょう。
それだけで、ぐんと授業が分かりやすくなります。
また、復習により学習したことを吸収するので、学んだことを忘れないようにすることができます。

テスト前に何時間も一気に勉強して、全部忘れてしまうよりも、毎日少しずつ勉強した方が効果的なことを本人に感じてもらいましょう。
学ぶことにより、勉強の楽しさを感じられるようになれば、自然と新しいことを学ぼうという姿勢になります。
その姿勢作りを家族がサポートしてあげることが、一番望ましいことなのです。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth