中学生のうちに身につけておくべき勉強法

中学生になると、小学生とは違って、教科毎に先生が変わったり、テストが定期テストになります。
したがって勉強法が変わってくるのです。

中学のできるだけ早いうちに勉強する習慣をつけておくことが大事です。

単純な暗記をした場合、人は1日で7割のことを忘れてしまうそうです。
しかし、暗記した内容を何度も繰り返し学習することで、忘れにくくなるのです。

繰り返し学習することと同じように大切なことは、「理解すること」です。

すべての学習において「なぜ?」と思うことを大切にし、理由を追求する癖をつけておく、深く理解することができます。

深く理解し学んだんことは、忘れる確率が低くなります。
また、学ぶことが楽しくなり、勉強の面白さも感じることができるでしょう。

時間は短くても良いので、毎日勉強する癖をつけ、学校の授業や塾では常に疑問をもって臨むという姿勢を習慣化することが、中学生の勉強法では重要です。

テストで高い点数を取るための勉強ではなく、これからの人生を生きていく上で大切な勉強法をこの時期に身につけておきましょう。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth