中学生が見直したくなる高校受験勉強法

高校受験を控える中学3年生になったときに、今までの勉強法で大丈夫なのかと不安になる生徒が多いようです。

高校受験を乗り越えるためには、何はなくとも、まずは志望校を決めることが大事です。
目標がないことには、なかなか前向きに頑張ることができません。
できるだけ早めに具体的な目標を設定するようにしてください。

目標を設定した後は、しっかりと計画を立てて勉強に臨みましょう。
長期的な目標と合わせて、短期的な目標も作っておくと、達成感を感じながら勉強が進みます。

マイルストーンというのですが、ひとつの小さな目標を達成できたら、次の目標へと進んでいきます。
受験前の中学生の勉強法の中で、暗記をするためやまとめたりするために、ノートやカードを使う人がいますが、時間があるときは大変効果的な勉強法です。

しかし、高校受験前の中学生には時間がありません。
問題集を解いてみて、間違えた分を何度も繰り返し勉強するという方法が良いでしょう。

問題集であれば、書き込みもできるので、たくさん書き込んで、自分だけのノートを問題集作ってみてください。

過去問は必ず取り組みましょう。
毎年似たような問題が出題される可能性は多いので、解き方、回答の仕方を理解し覚えておくと良いですが、過去の問題に意識をとられすぎるのは禁物です。

これまでと全く違った問題が出題される場合が無いとは限らないのですから。

こちらもごらんください。

コメントは受け付けていません。


SetPageWidth